カテゴリ:北薩( 30 )


2016年 11月 18日

樋脇支所前

d0346321_21202086.jpg
レトロな外観の樋脇支所前を通るゆうゆうバス野下行。
ゆうゆうバスは一旦樋脇駅跡を通って、市比野方面へと向かいます。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-18 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 13日

諸浦港とフェリーロザリオ

d0346321_20460066.jpg
鹿児島から天草方面へのフェリーは、長島蔵之元港~牛深港の三和フェリーと、長島町諸浦港~中田港の天長フェリーがあります。
d0346321_20550876.jpg
切符売り場。
d0346321_20553726.jpg
の前に、南国交通のバス停。
d0346321_20500079.jpg
諸浦港。
d0346321_20561085.jpg
長島町内バス「マンダリン号」というのが来ます。
…来ますけど、フェリーとの接続は特に考えていないようなので、バスで渡りたい方はおとなしく天草ロマンシャトルで蔵之元港がいいかと。
d0346321_21013454.jpg
フェリーロザリオ入港。
d0346321_21020685.jpg
船内はこんな感じ。スロットがあったり、
d0346321_21021391.jpg
カーペットの区画が少しあったり。
d0346321_21031416.jpg
一日一往復だけ、諸浦港~中田港直行がありますが、その他はいったん獅子島の片側港に寄ります。ここから乗船する車はバックで入ってきます。
d0346321_21045410.jpg
55分くらいで天草中田港に到着します。
しばらく、少しずつ天草方面の風景も紹介していきます。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-13 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 11日

藤本

d0346321_10061785.jpg
市比野のほうから来て、
d0346321_10064084.jpg
ぐるっと回って、
d0346321_10065864.jpg
来た道をちょっと戻って、野下へ。
d0346321_10073484.jpg
藤本の滝というのがこの先にあります。
d0346321_10080094.jpg
いい雰囲気の二段の滝です。
[PR]

by toqto9 | 2016-11-11 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 05日

新潟

d0346321_12305170.jpg
串木野の街を抜けて、工業地帯の一角にあるような串木野新港を目指すバス。
この辺りに来ると、船が並んでいる風景と潮の香りで港町情緒が高まります。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-05 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 10月 27日

湯之元

d0346321_11322041.jpg
電照式のバス停も、
d0346321_11330064.jpg
味のある建物もなくなりました。
d0346321_11333391.jpg
鹿児島交通湯之元待合所。
d0346321_11340610.jpg
湯之元温泉の下にあった、「林田バス」の看板も無くなって。
d0346321_11351044.jpg
それでも、空港特急や
d0346321_11350667.jpg
一般路線の拠点です。
d0346321_11361339.jpg
始発便は中から、
d0346321_11364896.jpg
3号線を行く便はこんな感じで停まります。
d0346321_11382826.jpg
湯之元といえばこの感じ。
d0346321_11385514.jpg
社名は変わっても、この湯之元らしさと、ゆったりと流れる空気感は変わりません。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-27 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 10月 24日

田ノ湯

d0346321_10121452.jpg
日置・江口蓬莱館方面から来たバスは、海から山を越えて、湯之元の温泉街へ出てきます。
このあたりは、中型車でも狭いくらいの狭隘路が続きます。
d0346321_10135969.jpg
側面幕は大胆に表示(笑)

3号線沿いの田ノ湯バス停の前に、

d0346321_10144190.jpg
田ノ湯温泉通りがあります。
路面表記にも温泉マークが書いてあって、湯の街に来たことを実感できます。




[PR]

by toqto9 | 2016-10-24 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 10月 20日

島平

d0346321_22262501.jpg
島平と言えば、国道から分かれて入るこの川沿いの道のイメージ。
d0346321_22291890.jpg
あとは、バスが曲がる角にある、照島神社の赤い鳥居。
d0346321_22355510.jpg
鹿児島交通…か。と、毎回思います。
d0346321_22382394.jpg
この時代に、鹿児島まで、これだけの本数があることに感謝申し上げます(笑)
d0346321_22381918.jpg
川内管内の時刻表はこんな感じで、時刻表間の空欄が目立ちます。
いつも勝手に、大幅廃止の時に消えた路線の時刻が載っていたと解釈して、昔へ思いを馳せております。

d0346321_22363394.jpg
「いきいきバスのポールに描かれてるバスって、どこのバス会社の色?」
っていう時代が来るのも、そう遠くないのかもしれません。



[PR]

by toqto9 | 2016-10-20 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 10月 12日

岩屋観音(高山~木場)

d0346321_09414716.jpg
日が山陰に隠れて、薄暗くなってきつつある中を。
こけけバスは集落ごとにバス停がありますが、通学バスは高山を出ると次は薩摩川内市の木場まで停まりませんから、かっ飛ばしていきます。

d0346321_09394108.jpg
特に何もなく、ただただ田園風景と小さい集落、そして山が続きます。
林田バス最後の秘境なんだろうなぁ…と勝手に思っています。

[PR]

by toqto9 | 2016-10-12 19:54 | 北薩 | Comments(2)
2016年 10月 11日

高山

d0346321_09504822.jpg
高山に到着する野下小行き。この先は薩摩川内市に入るまで、約4Kmの間、このバスのバス停はありません。
d0346321_09541468.jpg
高山。
d0346321_09543305.jpg
旧校舎を使った公民館・交流センターがあります。

d0346321_09553788.jpg
立派な石垣です。
d0346321_09560400.jpg
高山地区は、自然を前面に推した村おこしで元気な集落のようです。

d0346321_09570926.jpg
各地に高山散策のマップが掲げてあり、これを見ながら散策してみるのも良いです。

d0346321_09581973.jpg
とか、看板を眺めていたら、岩屋観音の方からバスが来て、一旦駐車場でUターンし、
d0346321_09592886.jpg
そっちに行くんですか!と思うような道へと入っていきます。
d0346321_10000486.jpg
5分くらいしたら戻ってきました。
この先はなかなかの面白い道が続いていますので、ぜひご乗車ください(笑)
d0346321_10024922.jpg
そして夕方、高山のバス停を過ぎると、一気に下り坂に。
段々に続く田畑の中を、野下へ向かいます。






[PR]

by toqto9 | 2016-10-11 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 10月 10日

牟田口

d0346321_09325790.jpg
山間に広がる田んぼの中を。
d0346321_09343357.jpg
牟田口。
d0346321_09350165.jpg
時刻表。
d0346321_09352449.jpg
バス通り。鉾ノ原方面。
d0346321_09360244.jpg
バス停は三文字の角にありまして、ここを曲がって高塚の方へ行きます。






[PR]

by toqto9 | 2016-10-10 19:54 | 北薩 | Comments(0)