カテゴリ:北薩( 35 )


2016年 12月 05日

樋脇駅・鷹の巣冷泉

d0346321_16241994.jpg
樋脇駅跡。
ひわき盛りアゲ隊の看板が逆に寂しいです。
d0346321_16242940.jpg
改札。
d0346321_16242109.jpg
線路部分が嵩上げされていて、路面電車用のホームみたいな雰囲気。
しかし、あまりパッとしません。
d0346321_16241273.jpg
駅前のゆうゆうバスのバス停。鷹の巣冷泉。
d0346321_16240967.jpg
バス停の時刻表には鉄道公園前。
d0346321_16243792.jpg
駅前通り。広々としています。
d0346321_16244576.jpg
大きなバスも、
d0346321_16451309.jpg
駅前通りから樋脇支所のほうへ。
d0346321_16244879.jpg
小さいバスも走ります。
d0346321_16243281.jpg
川内からの樋脇経由入来駅行のバスは駅前には入りません。
この道にある樋脇鉄道記念館前に停まります。


[PR]

by toqto9 | 2016-12-05 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 24日

串木野新港

d0346321_11071041.jpg
甑島からのフェリーと接続する3台のバス、タクシー。
d0346321_11080414.jpg
時間になり、南国が発車。
d0346321_11083315.jpg
次に串木野駅行が発車。最後に鹿児島行こしきじま号。
d0346321_11085391.jpg
2台でそれぞれの行先へ向かっていきました。
d0346321_11055542.jpg
串木野新港。意外と知られていませんが(串木野で南国交通というイメージがない)、南国交通も来ます。
d0346321_11105429.jpg
串木野行と、鹿児島行こしきじま号。
d0346321_11113044.jpg
南国は川内行。薩摩川内市のコミュニティバス扱いなのか、いちき串木野市内では降車できませんが、川内駅まで150円という安さ。
甑島が薩摩川内市ということの恩恵がこんなところにも表れております(笑)


[PR]

by toqto9 | 2016-11-24 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 22日

本町(串木野)

d0346321_10461218.jpg
串木野の商店街の中心に突然現れる大きな建造物「ドリームキャノピー」。バスはこの下をくぐります。
これは、串木野さのさを踊るときの鳥追笠(編み笠)をモチーフにしています。
街灯は踊り子の手を、道の青い舗装は波をイメージしているそうです。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-22 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 21日

飯母公民館前

d0346321_23115993.jpg
のどかな景色の中を、小さいバスがゆっくりと。
d0346321_23122506.jpg
林田交通(?)の飯母民館前(笑)
親切・安全・確実な林田バスに乗りたいものです。
d0346321_23122866.jpg
現実は鹿児島交通川内営業所なんですが。
この路線、実際は川内中央中スクールバスみたいな感じの路線なので、指定日運行はあまり狙えず。乗るなら夕方の便が確実と思われます。

[PR]

by toqto9 | 2016-11-21 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 19日

梅屋前~竹屋前

d0346321_20202062.jpg
昔ながらの、狭い道幅の温泉街を。
d0346321_20205207.jpg
土産物屋の軒先をかすめて、竹屋前へ。
d0346321_20215711.jpg
いい街並みです。
d0346321_20222178.jpg
高城温泉の沿革。
d0346321_20230377.jpg
梅屋の前に梅屋前。

d0346321_20262189.jpg
竹屋の方には竹屋前があります。

d0346321_20265118.jpg
本数的にはそこそこあります。

d0346321_20241593.jpg
高城温泉名物(?)の、賑やかな酒屋と、
d0346321_20251190.jpg
土産物屋。
d0346321_20273013.jpg
ボンネットバスもどきも走ります。温泉街を巡るだけでも結構楽しいと思います。
d0346321_20282299.jpg
せごどんになった気分で、温泉とバスを楽しめる、穴場です。





[PR]

by toqto9 | 2016-11-19 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 18日

樋脇支所前

d0346321_21202086.jpg
レトロな外観の樋脇支所前を通るゆうゆうバス野下行。
ゆうゆうバスは一旦樋脇駅跡を通って、市比野方面へと向かいます。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-18 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 13日

諸浦港とフェリーロザリオ

d0346321_20460066.jpg
鹿児島から天草方面へのフェリーは、長島蔵之元港~牛深港の三和フェリーと、長島町諸浦港~中田港の天長フェリーがあります。
d0346321_20550876.jpg
切符売り場。
d0346321_20553726.jpg
の前に、南国交通のバス停。
d0346321_20500079.jpg
諸浦港。
d0346321_20561085.jpg
長島町内バス「マンダリン号」というのが来ます。
…来ますけど、フェリーとの接続は特に考えていないようなので、バスで渡りたい方はおとなしく天草ロマンシャトルで蔵之元港がいいかと。
d0346321_21013454.jpg
フェリーロザリオ入港。
d0346321_21020685.jpg
船内はこんな感じ。スロットがあったり、
d0346321_21021391.jpg
カーペットの区画が少しあったり。
d0346321_21031416.jpg
一日一往復だけ、諸浦港~中田港直行がありますが、その他はいったん獅子島の片側港に寄ります。ここから乗船する車はバックで入ってきます。
d0346321_21045410.jpg
55分くらいで天草中田港に到着します。
しばらく、少しずつ天草方面の風景も紹介していきます。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-13 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 11日

藤本

d0346321_10061785.jpg
市比野のほうから来て、
d0346321_10064084.jpg
ぐるっと回って、
d0346321_10065864.jpg
来た道をちょっと戻って、野下へ。
d0346321_10073484.jpg
藤本の滝というのがこの先にあります。
d0346321_10080094.jpg
いい雰囲気の二段の滝です。
[PR]

by toqto9 | 2016-11-11 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 11月 05日

新潟

d0346321_12305170.jpg
串木野の街を抜けて、工業地帯の一角にあるような串木野新港を目指すバス。
この辺りに来ると、船が並んでいる風景と潮の香りで港町情緒が高まります。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-05 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 10月 27日

湯之元

d0346321_11322041.jpg
電照式のバス停も、
d0346321_11330064.jpg
味のある建物もなくなりました。
d0346321_11333391.jpg
鹿児島交通湯之元待合所。
d0346321_11340610.jpg
湯之元温泉の下にあった、「林田バス」の看板も無くなって。
d0346321_11351044.jpg
それでも、空港特急や
d0346321_11350667.jpg
一般路線の拠点です。
d0346321_11361339.jpg
始発便は中から、
d0346321_11364896.jpg
3号線を行く便はこんな感じで停まります。
d0346321_11382826.jpg
湯之元といえばこの感じ。
d0346321_11385514.jpg
社名は変わっても、この湯之元らしさと、ゆったりと流れる空気感は変わりません。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-27 19:54 | 北薩 | Comments(0)