カテゴリ:南薩( 58 )


2016年 11月 01日

薩摩別府

d0346321_20231521.jpg
白沢を過ぎると、広大な畑と遠くに海を眺めながら、
d0346321_20232483.jpg
別府の街へ。



[PR]

by toqto9 | 2016-11-01 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 29日

遠見番

d0346321_20123179.jpg
板敷の街を過ぎると、海沿いを一気に下り、枕崎の市街地を目指します。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-29 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 26日

山脇

d0346321_11232194.jpg
知覧から、種子尾のUターン只角の茶畑を抜け、いよいよ頴娃の街へ。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-26 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 18日

山川桟橋

d0346321_20191670.jpg
空港行と鹿児島行の起終点、山川桟橋。
d0346321_20195169.jpg
空港バス乗り場はフェリーターミナルの目の前にあります。
共同運行していた頃の名残で「林田バス」のステッカーが残っています。
d0346321_20212198.jpg
空港行は前払い、空港発は後払いで、到着後にさっさと飛行機に乗れるシステムを採用しております。
一方の路線バス用の山川桟橋は、本当に桟橋の真横。
のったりおりたりバスは結構な本数がありますが、鹿児島行はJRと並走していますから、そこまで本数はなく。けれど、これだけあることに感謝。

港の前にはいい雰囲気の土産物屋。こういったお店、観光地や田舎で見るとホッとして、ついつい寄りたくなります。

d0346321_20272992.jpg
造船所の近くを走っていた鹿児島からのバスが、長旅を終えて到着。
d0346321_20283212.jpg
乗客はいませんでしたが、ご丁寧に中のバス停に入ります。
港で一休みして、鹿児島へと帰っていきました。






[PR]

by toqto9 | 2016-10-18 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 17日

只角

d0346321_10155195.jpg
只角へ向けて茶畑の中を走るバス。
知覧から只角を往復するだけでも、種子尾の雰囲気や、茶畑と開聞岳を車窓から楽しむことができます。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-17 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 16日

造船所前

d0346321_20152108.jpg
港町山川の駅と集落の間には、造船所があります。
五人番を出て、海沿いをぐるりと回ると、終点はもうすぐです。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-16 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 15日

種子尾

d0346321_20284773.jpg
茶畑を抜け、鬱蒼とした木々の中に、朝のバスが到着。
d0346321_20294046.jpg
種子尾。
d0346321_20300085.jpg
知覧~只角~頴娃のバスは、青戸から折尾新牧を通って、一回この種子尾を複乗して、それぞれの行先を目指します。
d0346321_20314613.jpg
このバス停、ロータリ―みたいになっていて、バスはぐるっと回るのですが…絶対に右回りで回ります。
バスがぐるっと回っている間に、向かい側で待ちましょう(笑)

[PR]

by toqto9 | 2016-10-15 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 14日

d0346321_23184104.jpg
つわちゃんバスと野間池行の出会いと別れ。
d0346321_23192869.jpg
のまんたけを背に、田んぼの中の直線コースを。

d0346321_23372815.jpg
榊。
d0346321_23373848.jpg
待合室の中には焼酎吹上の椅子があります。



[PR]

by toqto9 | 2016-10-14 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 13日

新牧

d0346321_20192933.jpg
頴娃は鹿児島県有数のお茶の名産地。
知覧から頴娃に抜けるバスは、茶畑の中を駆け抜けます。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-13 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 03日

枕崎駅

d0346321_20005684.jpg
枕崎駅。昔の枕崎車庫の一部が駅舎になりました。
d0346321_20015702.jpg
本土最南端の始発・終着駅です。
d0346321_20031379.jpg
駅前の車庫は、ちょっとだけ待機していたり、スクールバスが停まっていたりします。
d0346321_20040434.jpg
バスの出入りはちょこちょこあります。この時は、鹿児島からのバスが到着。

d0346321_20044630.jpg
おまけにタイヨーの裏、南薩線踏切跡。
d0346321_20044922.jpg
横には、レールの柵が残っていたり。
街並みは変わりますが、昔の名残を少しだけ感じられます。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-03 19:54 | 南薩 | Comments(0)