カテゴリ:南薩( 59 )


2016年 10月 03日

枕崎駅

d0346321_20005684.jpg
枕崎駅。昔の枕崎車庫の一部が駅舎になりました。
d0346321_20015702.jpg
本土最南端の始発・終着駅です。
d0346321_20031379.jpg
駅前の車庫は、ちょっとだけ待機していたり、スクールバスが停まっていたりします。
d0346321_20040434.jpg
バスの出入りはちょこちょこあります。この時は、鹿児島からのバスが到着。

d0346321_20044630.jpg
おまけにタイヨーの裏、南薩線踏切跡。
d0346321_20044922.jpg
横には、レールの柵が残っていたり。
街並みは変わりますが、昔の名残を少しだけ感じられます。


[PR]

by toqto9 | 2016-10-03 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 10月 02日

枕崎(駅前)

d0346321_19572863.jpg
昔の枕崎駅。観光案内所にある絵です。
d0346321_19575784.jpg
鹿児島交通の駅舎は無くなってずいぶん経ちます。
後ろにはタイヨー。
d0346321_19584156.jpg
知覧行。
d0346321_19590495.jpg
何故かこの時にはやたらといすゞ車ばかり来ました。





[PR]

by toqto9 | 2016-10-02 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 09月 28日

折尾

d0346321_17312242.jpg
折尾。折尾を出ますと、次は黒崎に停まります(嘘)
d0346321_17312744.jpg
時刻表が2枚貼ってありまして、頴娃知覧只角。こちらが折尾から普通に乗る人が見そうなほう。
頴娃種子尾知覧只角。こちらは新牧、種子尾に行く前の便です。
この辺に来ると、加世田タイプの時刻表ではなく、指宿タイプになりますね。
d0346321_17314054.jpg
住宅街を抜けて、種子尾を往復してきます。


[PR]

by toqto9 | 2016-09-28 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 09月 25日

薩摩板敷駅

d0346321_11392672.jpg
薩摩板敷駅。駅名板ピカピカ。
d0346321_11401478.jpg
ホームと開聞岳。
d0346321_11412099.jpg
枕崎側。
d0346321_11414489.jpg
駅横の踏切を渡ると、すぐ水産高校の門があります。
利用客のほとんどは水産高校生です。

d0346321_11432070.jpg
列車到着。
d0346321_11435270.jpg
ガッタガタ揺れながら走っていきました。
d0346321_11442198.jpg
この駅、列車が近づいて踏切が下がるとホームには入れない仕組みになってますので、ご利用の際には早めにお越しください(笑)





[PR]

by toqto9 | 2016-09-25 19:54 | 南薩 | Comments(2)
2016年 09月 24日

白沢駅

d0346321_11331264.jpg
最近なかなか見なくなった、SLの踏切注意。
d0346321_11330883.jpg
踏切の脇、家の入口みたいなところに、駅の入口。
d0346321_11341365.jpg
ちなみに、踏切は白沢手前踏切。
確かに手前にありますが、もっと名前が無かったのかと(笑)
d0346321_11353872.jpg
ゆるくカーブした、
d0346321_11362040.jpg
駅。
d0346321_11363775.jpg
しらさわ。白黒の駅名板。
d0346321_11373875.jpg
ホームの先からは畑と、その先に海が見えます。





[PR]

by toqto9 | 2016-09-24 19:54 | 南薩 | Comments(2)
2016年 09月 23日

知覧

d0346321_11223531.jpg
知覧。
d0346321_11224948.jpg
昔の壮大なネットワークがわかる路線図。文字が欠けてますが、想像するのも面白いです。
鹿児島空港行は、盆正月だけでもあればいいんでしょうけどね。
d0346321_11250229.jpg
鹿児島、加世田、喜入・指宿方面は本数は多いです。
頴娃まで抜けられるのは平日の朝1本だけ、枕崎は4本です。
d0346321_11272169.jpg
南薩鉄道知覧駅の跡地のようで、縦長の敷地にバス停と車庫があります。
d0346321_11274021.jpg
前ドア車、少なくなりました。
d0346321_11284683.jpg
名無し号は、万能の狭小前ドア。
d0346321_11315611.jpg
バス停にはこんな感じで、適当に停まります。
d0346321_11324153.jpg
時刻表には舞敷野経由としか書いていませんが、朝夕に加世田高校前を経由する便があります。
d0346321_11401819.jpg
発車。
中郡や(薩南工業)高校前を回るように走るので、右に出る路線と、左に出る路線があります。





[PR]

by toqto9 | 2016-09-23 19:54 | 南薩 | Comments(2)
2016年 09月 22日

薩摩塩屋駅

d0346321_11240618.jpg
国道から一本入った住宅街を抜けて、それっぽい場所に、
d0346321_11245801.jpg
バラストの山とレール。
d0346321_11252352.jpg
こちらは交換したバラスト。
d0346321_11254367.jpg
保線用の引き込み線的な。

d0346321_11261220.jpg
正面に駅の入口とホーム。
d0346321_11265182.jpg
薩摩塩屋駅。
d0346321_11271247.jpg
ここのホームは、屋根がいかにもな島式を前提にした作りなんですよ。
ホーム自体も半分といえば半分。
d0346321_11281709.jpg
分岐して列車交換をする夢は、
d0346321_11284232.jpg
叶わず。
…交換を前提にした駅がかなり多いですが、いったい計画時にはどのくらいの本数を見込んでいたのか…。
d0346321_11294543.jpg
実際に作られなかったあたり、開業時には鉄道全盛期はほぼ終わっていたんでしょうけどね。




[PR]

by toqto9 | 2016-09-22 19:54 | 南薩 | Comments(2)
2016年 09月 21日

松ヶ浦駅

d0346321_11182429.jpg
この辺の駅って、自己主張していないので、場所を知らないと見落としてしまいます。
でも、それがいいんです。

d0346321_11194587.jpg
松ヶ浦駅。

d0346321_11202087.jpg
枕崎側と、
d0346321_11204212.jpg
指宿側

d0346321_11211236.jpg
ホームに佇む、
d0346321_11212492.jpg
集札箱。
基本的に、ここに切符や運賃を入れないといけない状況って発生しませんよね。



[PR]

by toqto9 | 2016-09-21 19:54 | 南薩 | Comments(2)
2016年 09月 20日

開聞温泉(2)

d0346321_11471912.jpg
長崎鼻やフラワーパークを過ぎ、バスは開聞岳の麓を目指します。
d0346321_11472824.jpg
豊かな自然の中、暖かな南国の日差しを浴びながら、ゆったり走ります。
[PR]

by toqto9 | 2016-09-20 19:54 | 南薩 | Comments(0)
2016年 09月 19日

頴娃大川駅

d0346321_11105048.jpg
踏切の横の小路が駅の入口。

d0346321_11115576.jpg
頴娃天ノ川駅…?
d0346321_11122885.jpg
えいおおかわ駅です。
d0346321_11125789.jpg
よくありがちな
d0346321_11131057.jpg
棒線駅ですね。
d0346321_11134234.jpg
水成川と同じような観光案内。
別府温泉っていうところが、東大川ですね。
d0346321_11145772.jpg
ホームの隅っこにキロポスト。
d0346321_11153378.jpg

ホームを少し行き過ぎたところにある、3両編成用の停目。
3両編成って、定期で走ったことあるんでしょうかね?



[PR]

by toqto9 | 2016-09-19 19:54 | 南薩 | Comments(2)