タグ:林田バス ( 49 ) タグの人気記事


2017年 01月 01日

野田三文字

d0346321_16363750.jpg
朝日トンネルを抜けるバス。
鹿児島からの川内方面行だと、伊集院を抜け、いよいよ東市来かぁと思わせる、そんなチェックポイントみたいなところです。

今年も、拙い写真と文章ですが、リンデンバスをよろしくお願いします。
[PR]

by toqto9 | 2017-01-01 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 12月 24日

河頭中前

d0346321_11533150.jpg
鹿児島市の伊敷より上流、河頭と書いて「こがしら」と読みます。
川の向かいの大きな建物は、甲突川の水を市民の生活用水にする河頭浄水場です。
d0346321_11533671.jpg
この辺りになると、市街地を抜けて、緑豊かな川沿いの国道をゆっくりと遡上していきます。
林田も、JRもノンステップのエルガとは…時代も変わりましたね。

[PR]

by toqto9 | 2016-12-24 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2016年 12月 21日

花野団地西

d0346321_11181924.jpg
花野団地内の道路は広々としていますが、バスが団地内を一周して、皆房車庫へと向かう道は昔ながらの道幅。
広くもなく、狭すぎない道ですが、慎重に走ります。


[PR]

by toqto9 | 2016-12-21 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2016年 12月 19日

千年団地東

d0346321_18513900.jpg
雲がかかる甲突川沿いの谷間をバックに、千年団地を行くノンステップバス。
d0346321_18514424.jpg
数年前までは林田色のサビサビバスが通っていった道。
街並みも変わらないように見えても、いつかこの景色も思い出になる日が来るでしょう。

[PR]

by toqto9 | 2016-12-19 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2016年 12月 17日

正込

d0346321_18340131.jpg
石垣と家の間を抜けて、
d0346321_18341774.jpg
さっき通ってきた平佐東小を目指して。
d0346321_18342889.jpg
バス停の位置と雰囲気、道の幅はいい感じ。
店が開いてたら尚いいんでしょうけど、鹿児島ではなかなか。
正込で「しょうごもり」と読む、意外と難読なバス停。
ここは久住への寄り道区間で、この区間は一方通行なので同じ方向にバスが走って…いたはず。
d0346321_18350798.jpg
いい雰囲気の田舎の集落です。

[PR]

by toqto9 | 2016-12-17 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 12月 15日

飯母橋

d0346321_18290079.jpg
10t車以上通行禁止の橋を小さいバスが、
d0346321_18290712.jpg
渡ってきます。飯母橋~樋脇駅までは狭隘路といい景色が広がっています。
d0346321_18292035.jpg
交差点の端っこにバス停があります。
d0346321_18292404.jpg
飯母橋。
d0346321_18292899.jpg
本数は少ないですが、無くてはならない足なのです。

[PR]

by toqto9 | 2016-12-15 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 12月 05日

樋脇駅・鷹の巣冷泉

d0346321_16241994.jpg
樋脇駅跡。
ひわき盛りアゲ隊の看板が逆に寂しいです。
d0346321_16242940.jpg
改札。
d0346321_16242109.jpg
線路部分が嵩上げされていて、路面電車用のホームみたいな雰囲気。
しかし、あまりパッとしません。
d0346321_16241273.jpg
駅前のゆうゆうバスのバス停。鷹の巣冷泉。
d0346321_16240967.jpg
バス停の時刻表には鉄道公園前。
d0346321_16243792.jpg
駅前通り。広々としています。
d0346321_16244576.jpg
大きなバスも、
d0346321_16451309.jpg
駅前通りから樋脇支所のほうへ。
d0346321_16244879.jpg
小さいバスも走ります。
d0346321_16243281.jpg
川内からの樋脇経由入来駅行のバスは駅前には入りません。
この道にある樋脇鉄道記念館前に停まります。


[PR]

by toqto9 | 2016-12-05 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2016年 12月 01日

霧島いわさきホテル

d0346321_13560116.jpg
到着便はホテルの正面玄関で宿泊客を降ろします。
d0346321_13565103.jpg
その時には、ちゃんとお迎えの係の方が出てきます。
d0346321_13580617.jpg
味のある、昔ながらの林田温泉。
d0346321_13552478.jpg
霧島いわさきホテル。
d0346321_13591173.jpg
この辺のバスは、すべて一旦ここに寄り道します。
空港、霧島神宮経由国分、妙見・日当山経由国分、霧島温泉駅内野々経由霧島温泉駅、えびの高原、定期観光…内野々経由以外はどれもそこそこ本数あり。
d0346321_14031371.jpg
ここの始発便もホテルの玄関を通りますが、
d0346321_14041292.jpg
乗り場は林田温泉前です。
ホテルと林田温泉は地下通路で繋がっているので、雨の日も濡れずに移動できます。
d0346321_14054973.jpg
これが噂の(?)二人の龍馬が訪れた温泉。
d0346321_14071074.jpg
営業案内。
d0346321_14084988.jpg
建物に入ると、大きな窓から錦江湾と桜島が見えます。
d0346321_14102197.jpg
ホテルの名前は変わっても、「林田温泉」の名前はそのままですし、林田創業者の像もあります。
年々薄れつつある「林田」の、最後の砦というべき場所。
d0346321_14130697.jpg
変わらなければいけないことも沢山あるのでしょうが、ここはこのままであってほしいと思います。

[PR]

by toqto9 | 2016-12-01 19:54 | 姶良・霧島 | Comments(0)
2016年 11月 28日

医師会医療センター

d0346321_11390885.jpg
バス停には医療センター。
d0346321_11394412.jpg
霧島市立医師会医療センターです。
d0346321_11393611.jpg
バス停は正面玄関の前にあります。屋根があるので、雨降りでも濡れずに移動できます。
d0346321_11392304.jpg
伊敷ニュータウン行も意外とあります。
国分駅方面へ最短で参るバスは少ないです。
日当山の端っこなので、どちらかといえば隼人方面への流れが大きいのかな、と。

d0346321_11385508.jpg
と考えていたら、隼人から浜之市経由の国分駅方面行到着。
そもそも、市街地循環と国分隼人循環が存在している時点で訳が分からないですよね。


[PR]

by toqto9 | 2016-11-28 19:54 | 姶良・霧島 | Comments(0)
2016年 11月 26日

皆房車庫

d0346321_09150304.jpg
朝もやの中をのんびりと出発していくバス。
d0346321_09154699.jpg
皆房車庫です。
d0346321_09161243.jpg
平日だと1時間に4本、土休日は3本といった感じの本数で、郊外の団地にしては破格の本数。
注目すべきは朝の中央駅止めと南埠頭でしょうか。中央駅止めは林田時代から変わりませんね。
d0346321_09223051.jpg
いつ行っても数台停まってるイメージの皆房車庫。停まっている車が出てくると思いきや、回送で登場したり、いろんな化け方をするのも林田から変わらず。

d0346321_09195420.jpg
皆房車庫にエルガが来る時代になったんですね~としみじみ。
いつもの車たちに紛れてますが、やっぱり見慣れないですね。

[PR]

by toqto9 | 2016-11-26 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)