タグ:産交バス ( 39 ) タグの人気記事


2016年 11月 16日

中田船津

d0346321_22544155.jpg
小さな港のある集落を。
d0346321_22560579.jpg
中田船津。中田港の隣の集落です。
d0346321_22564399.jpg
宮地浦から宮野河内手前の西高根までが一番本数が少ない区間です。
それでも、本渡に午前中に出て、午後帰ってこれるダイヤです。



[PR]

by toqto9 | 2016-11-16 19:54 | 天草産交 | Comments(0)
2016年 11月 14日

中田港

d0346321_22404110.jpg
青色の中田港の建物の横に、
d0346321_22412462.jpg
バス停の小屋。
d0346321_22415126.jpg
中田港。
d0346321_22421841.jpg
平日2往復、土日祝は1往復。
13時の山の浦行で来れば、フェリーに乗れる感じでしょうか。こちらも基本的にはフェリー接続は考えてないようですね。
d0346321_22460657.jpg
待合室内の椅子は豪華です。
d0346321_22471528.jpg
本渡行のバスが到着。
中田港付近は海沿いの狭い道を走っていきますから、天気が良ければ最高の景色が車窓に広がります。

[PR]

by toqto9 | 2016-11-14 19:54 | 天草産交 | Comments(0)
2016年 04月 04日

南関ターミナル


d0346321_10360605.jpg
狭小が顔を出し、
d0346321_10360608.jpg
そしてうから館のほうへ。
d0346321_10350293.jpg
南関ターミナル。
d0346321_10360637.jpg
意外と本数が多いですし、交通センター直通もあります。

d0346321_10360626.jpg
山鹿行き到着。
d0346321_10360765.jpg
対面式のホームです。
d0346321_10360638.jpg
味のある南関町商工案内図。
d0346321_10360776.jpg
ちょっと前まで使ってたんでしょうか?
d0346321_10360534.jpg
ベンチもいい味出してます。
時代に取り残された待合室は素敵です。

[PR]

by toqto9 | 2016-04-04 19:54 | 産交 | Comments(0)
2016年 03月 31日

おおきばる

d0346321_22195395.jpg
なんかいい雰囲気だなぁ、と思い、ふと車を停めた、
d0346321_22195247.jpg
おおきばる。
筆文字のバス停も減少傾向にある中、いい雰囲気を残しています。
d0346321_22195284.jpg
こちらは古屋敷行。
d0346321_22195210.jpg
ダムサイトを通る市房登山口行とは、水上役場前から分かれます。
d0346321_22195397.jpg
ダム周辺は一万本桜として有名なだけあって、美しい景色です。


[PR]

by toqto9 | 2016-03-31 09:54 | 熊南産交 | Comments(0)
2016年 03月 30日

ダムサイト

d0346321_21522027.jpg
桜並木の美しい、市房ダムを駆け抜ける産交バス。

d0346321_21521942.jpg
ダム湖には入ってはいけません。
d0346321_21521951.jpg
ループ橋を登り、路肩が広くなっているダムのところに
d0346321_21521922.jpg
ダムサイド。
検索サイトや、路線図ではダムサイ”ト”になってます。
d0346321_21560910.jpg
市房登山口行が通ります。
d0346321_21522026.jpg
産交名物、見にくい場所に掲示された路線図ということで、変な角度ですが、証拠写真程度に。
こうやってみると、人吉管内もこれだけしかないのか~と。

[PR]

by toqto9 | 2016-03-30 21:54 | 熊南産交 | Comments(0)
2016年 03月 13日

社教センター入口

d0346321_22203904.jpg
佐敷川沿いの、白壁の商店や風情のある門構えの建物が並ぶ通りを駆け抜ける産交バス。
産交バスは走らなくっても、コミュニティバスは走りますし、生活していくうえで特に大きな変化は無いのでしょうが、一つの何気ない日常が消えた瞬間でした。

廃止後半年近く経ってからの佐敷ローカル特集も、これで終点です。


[PR]

by toqto9 | 2016-03-13 19:54 | 熊南産交 | Comments(0)
2016年 03月 07日

寿前

d0346321_21494513.jpg
湯浦の街を抜けて、芦北ボウルの脇から3号線へ。
d0346321_21524107.jpg
南九州道(芦北出水道路)の湯浦温泉大橋が、湯浦の街を一跨ぎしています。
ローカルバスが役目を終え、3号線も真新しい南九州道へ役割を引き継ぎ、田舎の交通が徐々に変わっていきます。
[PR]

by toqto9 | 2016-03-07 19:54 | 熊南産交 | Comments(0)
2016年 03月 01日

樺谷入口

d0346321_23104391.jpg
岬を巡り、山を越え、湯浦や佐敷の街へ。


[PR]

by toqto9 | 2016-03-01 19:54 | 熊南産交 | Comments(0)
2016年 02月 24日

女島活力推進センター前

d0346321_18004112.jpg
女島活力推進センター前。
d0346321_21115196.jpg
みかん山とソーラーパネルに挟まれた道を下っていました。
d0346321_18004664.jpg
田舎に沢山のソーラーパネルが並んでいて、そしてその横を走るバスの姿が、いかにも現代の田舎を象徴するような光景でした。



[PR]

by toqto9 | 2016-02-24 19:54 | 熊南産交 | Comments(0)
2016年 02月 18日

京泊り

d0346321_17595555.jpg
京泊り。
d0346321_18000683.jpg

芦北のメガソーラー発電所から旧道に入った先、集落への分岐点にありました。

d0346321_18001791.jpg

集落は海のそばに、バスが通る道は山の中腹に。
起伏に富んだ、まさに岬巡りが出来る路線でした。


[PR]

by toqto9 | 2016-02-18 19:54 | 熊南産交 | Comments(0)