タグ:起終点 ( 45 ) タグの人気記事


2016年 01月 27日

鴨池港

d0346321_20195093.jpg
普段は桜島が見えて、フェリーを利用する乗客や車でにぎわう鴨池港。
d0346321_20195668.jpg
この時は、鴨池港で鹿屋直行バスが顔を合わせました。
d0346321_20273190.jpg
1月24日、鹿児島にも雪が降りました。
普段は多くのバスが停まっていますが、当時、市営バス以外は運転を見合わせていたため、がらーんと。
d0346321_20515877.jpg
バス停も雪化粧。
d0346321_20273113.jpg
フェリーも運行見合わせに。
d0346321_20273197.jpg
寒そうに佇むフェリー。
d0346321_20273192.jpg
券売機横にフェリーからの乗り継ぎ時刻表があります。
ドックダイヤ用があるのは知りませんでした。
d0346321_20273167.jpg
雪を乗せた市バスがチェーンの音を響かせながら到着。
黄色い市バスも悪くないな~とこの時初めて思いました。
d0346321_20273149.jpg
山形屋バスセンターの看板も、雪の記憶も、しばらくの間は残ることでしょう。

[PR]

by toqto9 | 2016-01-27 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2016年 01月 16日

伊敷団地(転回場)

d0346321_22121953.jpg
伊敷団地。
d0346321_22122653.jpg
転回場の中にあるほうです。
d0346321_22124348.jpg
昔はもうちょっと広告があったような気がしますが。
d0346321_22123779.jpg
緑ヶ丘団地からの便は転回場の中に入りませんので、ここから乗れるのは伊敷団地始発の便だけ。
d0346321_22124088.jpg
四角で囲んでたり、白抜き数字だったり、その辺が気まぐれなのが市バスだよねーと思ったり。
d0346321_23143281.jpg
常にバスが数台停まってるイメージでしたが、この時は空っぽでちょっとビックリ。
d0346321_23143840.jpg
数日後、出直しましたらイメージ通りのこういう感じでした。
d0346321_22125755.jpg
転回場の目の前には緑ヶ丘方面のバス停。
d0346321_22125973.jpg
黄色が何を意味しているのか、書いてないあたりもよし。この頻度からして20番線。
d0346321_22130260.jpg
坂元経由で街に出ていく南国もそこそこ本数あり。
d0346321_22130658.jpg
南国の行先番号?系統番号?は何回見ても花棚しか覚えられません。



[PR]

by toqto9 | 2016-01-16 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2016年 01月 07日

ホテル佐多岬

d0346321_16380497.jpg
ホテル佐多岬。
以前は、佐多岬ふれあいセンターという名前でした。
d0346321_16382282.jpg
本土最南端、最終バス停。ホテル側が力を入れてみたものの、その後しばらくしてダイヤ改正があったためこうなりました。
ここから乗れるバスは、時刻表にある垂水中央病院行と、隣の集落の外之浦行。
d0346321_16421767.jpg
垂水から到着したバスが、ゆっくりと根占へ向けて走っていきました。

[PR]

by toqto9 | 2016-01-07 19:54 | 大隅 | Comments(0)
2016年 01月 04日

大泊

d0346321_22490408.jpg
垂水からおよそ2時間、最後の直線を抜けて、大泊に到着です。

バスが右折する交差点のところに、
d0346321_22491180.jpg
本土最南端の大泊郵便局。

d0346321_22491439.jpg
この佐多岬ロードパークの料金所も取り壊されてしまいました。
今回はせっかくなので取り壊される前の写真を。
d0346321_22492943.jpg
南国ムード漂うところにバス停。
d0346321_22491758.jpg
大泊。
バナナみたいなのがいい味出してます。

[PR]

by toqto9 | 2016-01-04 19:54 | 大隅 | Comments(0)
2015年 12月 29日

鶴野々

d0346321_20310963.jpg
鶴野々。
天草の終点です。
d0346321_20311963.jpg
交差点の横にある、いかにもバスが入りそうなところで小休止。
d0346321_20312470.jpg
本渡方面と書いてある方向に行くと、上半河内。
ここからのバスはこの地図でいうと真っすぐ上に走り、本町経由で本渡へ向かいます。
d0346321_20312810.jpg
鶴野々からこの道をちょっと下田方面へ向かうと、バス停でいうと上八丁三差路、福連木トンネルのあの辺に出ます。
昔はこの道が下田温泉へのメインルートだったようですが、そんな面影は全く感じることもなく。
運転士さんの思い出話を聞きながら、想像を巡らせるのでありました。




[PR]

by toqto9 | 2015-12-29 19:54 | 天草産交 | Comments(0)