タグ:起終点 ( 52 ) タグの人気記事


2018年 04月 16日

尾原

d0346321_18462692.jpg
終点の尾原。バックで駐車して一休み。
d0346321_18470367.jpg
南国バス特有のミニミニバス停も少なくなってきました。
d0346321_18474129.jpg
エアポートシャトル色が来たのもいい思い出です。

[PR]

by toqto9 | 2018-04-16 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2018年 04月 10日

平山小前(2)

d0346321_20420796.jpg
桜咲く平山小の前に、夕方の最終バスが。
桜の散る季節に、ヤシの木の中型バスもお別れです。
d0346321_20421740.jpg
バス停を通り過ぎて。
d0346321_20451706.jpg
バスはここから平山、中渡瀬、渡瀬を廻ります。
本来ならば、仁田原入口、仁田原を通るため、この道は通らないのです。
が、長い間道路事情により迂回運行、ということになっていました。
d0346321_20452406.jpg
田んぼの中のアップダウンが激しい道を。
d0346321_20453348.jpg
起伏にとんだ田舎道を、たくましいエンジン音を響かせながら走っていく姿は、忘れないだろうなあ。

(過去記事)平山小前

[PR]

by toqto9 | 2018-04-10 19:54 | 姶良・霧島 | Comments(0)
2018年 04月 04日

牧之原十文字

d0346321_23520380.jpg

数年前まで、ただの牧之原だった牧之原十文字。
10号線からちょっと入ったところにあります。
d0346321_23514821.jpg
転回スペースと小屋がありまして、バスがいろんな形で停まります。
d0346321_23512322.jpg
牧之原ドライブインの方からきた都城行。大型バスだとこの幅。
d0346321_23512646.jpg
そして、福山総合支所を通って10号線の方へ。
d0346321_23511966.jpg
と思っていたら、鹿児島中央駅行が。
このあたりは現在でも長距離の系統が数多く存在しております。
d0346321_17160403.jpg
酒屋さん側のバス停。福山高校ラッシュがすごいです。
こうやってみると、意外と志布志行が存在しますが、ほぼ牧之原から急行運転で、各停便は3本です。
d0346321_17160893.jpg
小屋がある方のバス停。こちらも意外と中央駅がありました。
「三州バス」という記録とともに、一応改正前の時刻表を掲載しておきます。
d0346321_17193005.jpg
夕方になると、国分からの便が到着して、
d0346321_17195509.jpg
折り返しで再び国分へと行くまでの間に鹿児島空港行も到着して。
意外と賑わう時間のある牧之原。
d0346321_17204261.jpg
側面の三州自動車も思い出になりました。

[PR]

by toqto9 | 2018-04-04 19:54 | 姶良・霧島 | Comments(0)
2018年 04月 01日

桜島港(旬彩館前)

フェリーターミナルが移転して、少し動きがあった桜島港。
前回は少し前の写真でしたが、今回は移転後です。
d0346321_19304332.jpg
フェリーの改札口。とてもきれいに、明るくなりました。
両替機などは相変わらずの感じです。
d0346321_19313093.jpg
元々のバスターミナルは左側なのですが、工事に伴って隣の旬彩館前が桜島港になっています。
d0346321_19324575.jpg
その旬彩館前。屋根が整備されました。
d0346321_19331590.jpg
市営バスは桜島港(旬彩館前)。
d0346321_19332245.jpg
三州自動車は旬彩館前。
d0346321_19340182.jpg
桜島港行が並ぶ時刻表。
d0346321_19343677.jpg
乗り継ぎが書いてある市営バス。
d0346321_19352849.jpg
で、場所を移して、以前のターミナルと。
d0346321_19360503.jpg
柵で封鎖されました。
d0346321_19363125.jpg
かつての賑わいは、
d0346321_19362727.jpg
当然なく。アイランドビューを待つ外国人の姿も移転しました。
d0346321_19371523.jpg
バスの駐車場は旧ターミナルの横にあります。
d0346321_19375058.jpg
市営バスの白浜方面からの便は旧ターミナル前でも降りられるようです。


[PR]

by toqto9 | 2018-04-01 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2018年 03月 31日

桜島港(1)

d0346321_16125721.jpg
桜島フェリーターミナルの真下に位置して、改札を出て階段を下りたらこの光景。
d0346321_16140936.jpg
というのも、過去の光景になってしまいました。
d0346321_16143690.jpg
末期は、三州自動車のりばは工事のために、市バスののりばと一緒になっていました。
d0346321_16151880.jpg
こんな感じで。
d0346321_16153404.jpg
桜島の色もいつまで持ちますかね。
d0346321_16173293.jpg
工事前の三州自動車が横にいたころ。
d0346321_16174036.jpg
こんな感じで。
d0346321_16175093.jpg
この看板は、大隅交通も三州自動車も経験することがなく、再び鹿児島交通として活用される…ところで無くなってしまいました。

[PR]

by toqto9 | 2018-03-31 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2018年 03月 10日

常盤

d0346321_21544899.jpg
路地に頭から突っ込んで、
d0346321_21550304.jpg
誘導員さんの笛と旗の合図でバックして、
d0346321_21552856.jpg
折り返し。
d0346321_21564028.jpg
常盤。
d0346321_21571358.jpg
ダイヤ改正前の時刻表。
現行のダイヤでは、1時間に1本程度の本数です。

[PR]

by toqto9 | 2018-03-10 19:54 | 鹿児島市内 | Comments(0)
2018年 02月 15日

勤労者体育センター

d0346321_19345300.jpg
施設の敷地内にあるバス停で待機する鹿屋行き。
d0346321_19374669.jpg
勤労者体育センターです。
d0346321_19380456.jpg
バスは一日一本。
d0346321_19383723.jpg
谷田経由の系統は郡境と、ここ勤労者体育センターのみなので、なかなか見ることのできない幕。
d0346321_19393100.jpg
施設は立派な作りです。
d0346321_19395195.jpg
勤労者体育センター以外にもいろんな使命がある施設のようです。

[PR]

by toqto9 | 2018-02-15 19:54 | 大隅 | Comments(0)
2017年 10月 23日

霧島いわさきホテル

d0346321_18053125.jpg

10月15日の霧島いわさきホテル。
新燃岳の噴火活動が活発化し、霧島一帯も灰で真っ白になっていました。
側面の真っ黒な色は灰がくっついたものです。
d0346321_18055978.jpg
ここからは10月16日。
バス停も灰が。
d0346321_18055465.jpg
時刻表も…。
d0346321_18061751.jpg
と思っていたら、営業所の方がいらっしゃって、綺麗に拭きつつ、
d0346321_18062252.jpg
霧島連山周遊バスの運行見合わせのお知らせが追加されました。
今日現在、新湯三差路から高千穂河原間が通行止めとなっています。
d0346321_18062638.jpg
雪でもないのに真っ白。
霧島いわさきホテル・林田温泉もあとわずか。
d0346321_18063299.jpg
林田熊一氏は、この姿をどう見守ってくれているのでしょうか。


普段の霧島いわさきホテルの姿はこちら

[PR]

by toqto9 | 2017-10-23 19:54 | 姶良・霧島 | Comments(0)
2017年 10月 01日

宮之城駅

上樋脇駅皿山、と宮之城線の跡を来たら、絶対外せない宮之城駅。
といっても、大した写真はありません。
d0346321_15225013.jpg
着いたときに、いかにも古そうなバスが。
d0346321_15230383.jpg
宮之城からの神村学園スクールバスのようです。
d0346321_15235762.jpg
発車して、素敵な後姿だと見ていたら、今度はJRバスが登場。
d0346321_15220751.jpg
1日1本の薩摩中央高校行。平日ですが、誰も乗せずに走り去っていきました。

d0346321_15251842.jpg
到着便の時刻表もあるのがJRバスらしさ。
d0346321_15254695.jpg
上川内~宮之城はそこそこ本数があります。
d0346321_15255021.jpg
湯田車庫行きと宮之城車庫行はロータリーに入らなくなりました。
d0346321_15270751.jpg
求名農協前行と永野駅行は響きが素晴らしい。
南国はガソリンスタンドのところが宮之城です。
d0346321_15282230.jpg
ついに空港行と出水阿久根行の乗り場が分かれました。
d0346321_15294486.jpg
空港行乗り場には新しく屋根まで付きました。
d0346321_15301182.jpg
素晴らしく期待できそうなバス停。
d0346321_15303405.jpg
時代の流れ的に、南国バスではなく、南国交通が来るのは仕方がないとして。
新しいくせに「宮之城駅」というのは素晴らしいことです。
d0346321_15320757.jpg
駅前に佇むエアポートシャトル。
d0346321_15323312.jpg
空港行が駆け抜けていくこの道路も、昔の線路跡を整備した道だそうです。

[PR]

by toqto9 | 2017-10-01 19:54 | 北薩 | Comments(0)
2017年 03月 26日

木場

d0346321_08481288.jpg
集落を抜けて、もう少し進むと、

d0346321_08481618.jpg
終点の木場です。
これが終点に佇むバスです。秘境路線バスをゆく3にて紹介されている終点の写真は、公民館前です。
d0346321_08501239.jpg
木場。青葉台団地中央…ついこの間まで走っていましたね。
d0346321_08510083.jpg
到着便のご案内まである、よい時刻表。
d0346321_08555014.jpg
バス停から階段を上がったところにある、公民館は、
d0346321_08562603.jpg
木場出張診療所として、週に数日機能しているようです。


d0346321_08573737.jpg
いい雰囲気の建物。
d0346321_08583350.jpg
終点から10分ほど歩いていくと、薩摩川内市との市境です。
d0346321_08584181.jpg
そして、三文字の先、右側にバス停が立っています。
d0346321_08584317.jpg
ここが旧祁答院バスの木場バス停です。
けどういん号もこちらから乗れると思います。

ということで、秘境路線バスで紹介されました、木場線特集でした。

[PR]

by toqto9 | 2017-03-26 19:54 | 姶良・霧島 | Comments(0)